ワークスタイル

自治体行政のIT化を推進する、3つのワークスタイル。

システムエンジニア(SE)

地方自治体向けのシステム設計・開発を担います。
GCCの新入社員は入社後にプログラミングからスタートし、知識と技術の習熟度に合わせて、お客様との打ち合わせ・設計・保守・管理など、業務の領域を徐々に広げていきます。
SEの仕事は技術だけでなく、お客様から課題やニーズを引き出し、システム化に反映させるコミュニケーションスキルが不可欠です。

*住民サービス向上に貢献できる
*最先端のITスキルが身に付く
*日々の業務や資格取得を通じてスキルアップできる

インフラエンジニア(IE)

システムを動かすためにはネットワークの構築が不可欠です。
インフラエンジニア(IE)は、ネットワークの設計・敷設・サーバ設定など、ネットワーク構築の全般を担い、お客様に技術的な説明や提案を行います。
ITインフラの技術は日々刻々と進化しています。そのため、インフラエンジニアには、最新技術を常に学び続ける探求心と努力が求められます。

*ネットワークのエキスパートになれる
*ITインフラの最新技術に接することができる

コンサルティング営業

お客様の抱える課題を探り、解決策を提案します。
また、お客様とGCC技術部門との間に立ち、システム構築プロジェクトの推進・調整を行います。

*自治体業務の改善に貢献できる
*社内の各部門と接しながらプロジェクトを推進できる